スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halloween /ホラーパンク祭り

10月31日、今夜はハローウィーン。

いやぁーこんな星の夜は、ティム・バートン監督の大傑作『ナイトメアビフォアクリスマス』でも見て過ごしたいものですなぁ。

まぁ見ないですけどね。

さすがカナダ、みんな仮装しまくりです。
クオリティーも高いよぁ~。

先週もゾンビウォークというイベントで街中を大勢のゾンビが蠢いてたからね。
まぁ日にち勘違いしてて参加できんかったけど。


そんなこんなで僕も仮装しましたぁ~。
金をかけたくなかったから血のり使って血だらけ。ただの血だらけ!!
一応設定があって、車にひかれてまだ生きてる人!!
たま口から血を流しては周りの人に引かれてた

ベタかなぁ~っと思ったけど意外と誰もやってなかった。


30日にその格好で街を歩いた。寒過ぎた。
ウエンディーズでは恥かしかった。


以下写真
PA300867.jpg

PA300873.jpg

PA300879.jpg

PA300884.jpg

PA300874.jpg

PA300890.jpg

PA310891.jpg


風邪ひくほど寒かった。

31日は夜中までやってるお化け屋敷いっぱいあるイベントに行く。
けっこー良かった。
3Dのメガネかけて歩いていくのがあれば、ずっと真っ暗で何も見えへん所歩き続けるのがあったり。
いろいろバラエティにとんだお化け屋敷がいっぱいあって楽しかった!!

PA310892.jpg

PA310894.jpg

PA310895.jpg




まぁそんなこんなで楽しんだ。
まぁ今夜はホラーパンクと行きましょう!!
まぁ基本ホラーパンクはおバカと認識していただきたい。
楽しいです。

それドン!!


Wednesday 13 - I walked with a zombie



来ましたね~。
Wednesday 13のトランシルヴァニア90210というアルバムからの一曲。

「ゾンビと一緒に歩いた」
タイトルがすでにおバカですからね。愛すべきおバカ野郎ですね。
そしてキャッチー!!
良いですね。
ジャケットの頭の悪さも良いです。

PVにB級ホラー映画大好きです感が出まくってて良いですよね。
最初のメンバーそれぞれの名前でてくる紹介シーンも、全員おバカですね。

Misfits - American Psycho



前回も紹介したミスフィッツ。ホラーパンクを語るなら避ける事はできないでしょう。アルバムAmerican Psychoから。

結局僕はこの曲が好きなんだなぁ。
激キャッチー激ホラー激おバカ
最高です
前回記事
The Misfits/American Psycho


Crookedhook - "Breathe Pollution"



良いですなぁ。良すぎ!
このバンド最近知りました。
トロントのバンド!

曲がまず良い!!
初めて聴いたときにもうハマってしまった!
そしてPVをチェックしたらこれまたサイコーだった!
何が良いって、楽器を弾いてるシーンが一つもない。

大抵のPVは、ストーリー性があってもどこかでメンバーが楽器弾いてるところが流れる。
だがこのバンドは違う!

ただただおバカB級映画を垂れ流しにしているだけ!
よってサイコー!

途中ドラマーであろうゾンビが木の枝をスティック代わりに地面叩いてるのはギリセーフ!!

ホラーパンク良いですね。



恐怖×おバカ×パンク=最強





ってかよう考えたら今日本は11月1日やんっ!!

時差めっ!!
スポンサーサイト

最高の夜

とうとう昨日、夢を一つ叶えた。

カナダ出身の『SUM41』に憧れてバンドを始めた僕が、そのカナダの土地でライブをしてしまった。

Japan rock extreme vol2 というイベントにバンド&イベントスタッフとして参加。
トロントに住む日本人ならば知らない人はいない日本人向けの情報誌「Bitz」でも紹介されたそのイベントは、結果200人以上のお客さんが来るという大成功に終わった。

来月日本に帰る僕のためにもトロントで知り合ったお友達がたくさん来てくれて、それはもうトロントライフの最後をしめくくるにはもってこいの夜だった。マンガの最終回のよう。

僕らのバンド「Runny Noize」の出番は最後だった。
初めてライブ前にお酒を飲んだ。
酔っ払ってしまい、演奏はひどかっただろうがめちゃくちゃ楽しかった。

ずっと夢の中にいるようで、ふわふわしていた。

この日は食欲がまったくでず、深夜イベントが終わるまで朝からクロワッサン一つしか食べていなかった。やっぱり緊張していたんだなぁと思う。

イベント成功のために、フライヤーをジャパニーズレストランに配り歩いたり、電柱に貼りまくったり、「X-JAPAN」のライブ観に来たお客さんに配ったり、ついでに出待ちで『YOSHIKI』見たり、(ライブは観てないくせに笑)
かなり頑張ったので、当日イベントに人がたくさん入っているのを見て感動せずにはいられなかった。

イベント計画段階でいろいろと逆風が吹いていたので、成功を実感できたときは本当に感動した。

途中トラブルもたくさん起きたが、最後には僕が撮ったショートフィルム「首が痛い」も無事上映できた。
お客さんの笑い声を聞くことが出来て安心した。

いやートロント生活の中で一番のハッピータイムだったと声を大にして言えるだろう。
帰り道で日本からのバンドメンバーであり戦友のすざきとガッツリ抱き合ってしまったほどだ。

来てくれた友達みんなにしっかりと挨拶できなかったのが心残り。

まぁ一番の心残りと言えば、当日のお昼に緑色ヘアーにチャレンジして1時間は緑色だったが、シャワー浴びたら緑が全部落ちてただの金髪になったことだな。

まぁいいや。それも一興!

多分もう一回トライして緑で日本に帰ります。


以後イベントの写真
(バタバタしていて自分のカメラを出す余裕がまったくなったので、いろんな方々に撮っていただいた写真ばかり。ありがたいです。本当にありがとうございました。)

runny2.jpg


サムネでどーぞ
クリックすると大きいの見れます

runny5]

金髪5

runny12.jpg

runny5.jpg

runny37.jpg

running rose

71842_104946712905438_100001703292835_33405_1107040_n.jpg

runny6.jpg

runny8.jpg

runny19.jpg

72484_104948149571961_100001703292835_33447_1687837_n.jpg

33652_155434224494815_100000847168233_249001_7802478_n.jpg

runny39_20101017182330.jpg

suzaki.jpg

runy23.jpg

runny32.jpg

金髪

gekidanyamada.jpg

runny25.jpg

gekidannyamada.jpg

runny27_20101017172417.jpg

runny26.jpg

buddys.jpg

buddy2_20101017173157.jpg

多すぎてすいませんっっ
一日経った今でも興奮さめやらぬなんです!!

最後にこのイベントの企画者&出演者のコーティー・スネイクピット

snakepit_20101017173156.jpg

カッコ良すぎです。
全部もってかれたー笑

Strung out  September 09, 2010

先月のことになりますが、ストラングアウトのライブに行ってきました。

カナダに来た当初、彼らが来日すると聞いてショックを受けていたのが懐かしい。なぜおれが日本にいる時に来日せんかったのだと。。
しっかりカナダにも来てくれた。

ありがたい!!


当然行きましたとも。

さすがストラングアウト
ライブハウスが今まで行った中で一番大きかった。(小さいハコばかり行っていたからだろうが)

一番手から良かったですよはい。


ーWe Are The Union ー

一番目は「we the kings」だと勘違いしていたので、ライブハウスに向かう道中「we the kings」を聴きながらきた。
なのに、ステージに出てきたのは「We Are The Union」でビックリした。名前ややこしいねんっ!

彼らはタワレコで視聴した時にカッコイイと思ってアルバムを1枚買ったことがあった。
ライブは初めて観る。

カッコよかったねぇ~。演奏もガッチリあってるし。
ただ、まだ時間が早いこともあってか、人が少なく、ストラングアウトと音楽性も少し違うのでそれほど盛り上がってはいなかった。
一人で爆発してるようにノッてる人はいた。いいね。
好きで好きでたまらんのだろうね。


ーMuteー
次に出てきたのは全然知らん、名前も聞いたことないバンドだった。
だが、カッコよかった。
真ん中のベーシストがものすごくハゲ散らかしていて大丈夫かと思ったが、俺の心配をよそに大活躍していた。
メインで歌っていたのは、ドラムだった。すごく激しくてテンポも速いのに歌めっちゃうまかった。
ハゲのベースも歌うまかった。
音はストラングアウトに似ていたな。
やはり同じタイプのバンドが前座やるのね。っと思いました。

ーRufioー
お次は「Rufio」。
名前は知っていたが、曲を聴くのは初めて。
演奏は後期ストラングアウトみたいに、ザクザクのピロピロ。やのにヴォーカルの声キレイというミスマッチ。これが以外と聴きやすく良い。斬新な組み合わせやと思った。

ーStrung Outー
出ましたね。ストラングアウト。
いやぁ~。
カッコイイねぇ~。
全身全霊!
みんな汗だくでプレイしてるし、やはりこうじゃなきゃイカンと
今のSUM41みたいに売れたからといって明らかに手を抜いてライブしちゃいけんと思い知らされたね。

ヴォーカルも歌ってたよー。いつも以上に歌い上げてたよ~。ベロいっぱい出しながら絶叫してたよ~
男前やったねー。

俺は昔の高速メロディック・パンクの頃が好きなので、あまりやってくれなくて残念だった。
でも、「Too close to see 」をプレイしてくれたので良かった。あの時はすごかったね。
めちゃめちゃテンションあがった。ってかこの日で一番盛り上がってたと思う。みんなも昔の頃が一番好きなんちゃうのと思った。
しかもだいぶアレンジ加えてたし。良かったです。

駄目だったのは客!
客がアカンかったね!
ステージ登ってダイブはえぇんやけど、ダイブせんとヴォーカルの肩持って一緒に歌おうとしたり、ヴォーカルにデジカメ渡したり、何を考えとるんやと。
ヴォーカルも良い人で怒らんかったけど、あきらかに嫌そうやったし。

ってかデジカメ渡すって何やねんっ!
どうしたいねん!自分を撮ってほしいんかっ!
ヴォーカルもえぇ人やからギターを撮ったり自分を撮ったりしてくれてたけど!
もう少し客ちゃんとせぇよ。っと思いましたね。

We Are The Union - Rearranging Deck Chairs on the Titanic






Strung Out - Too close to see





カテゴリ
プロフィール

ケント

Author:ケント
どうもどうもどうも~!

Runny Noize(ラニーノイズ)というバンドしてます!
試聴できます
Runny Noize /myspace
http://www.myspace.
com/runnynoizeofficial


Runny Noize - Successor
(PV)
http://www.youtube.
com/watch?v=A93b2-qLzvo



稚拙な文章で様々なパンクロックを紹介するも、動画を載せていることで全ての許しを乞うているせこいパンク紹介サイトです。世の中にパンクを広めることを信念としています。

基本好きなアルバムしか紹介しないので、褒めてばかりです。
褒めてばかりのなかなか駄目そうな批評ブログです。

ホラーコメディ映画の撮影をします。たまに。
劇団山田

良いのがあれば拍手だけでもしてくれたら嬉しいです~

~Runny Noizeのライブスケジュール~

カウンター
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
アマゾン
最新記事
オススメ商品一覧
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
あまぞん
みんなでつなごう相互ロンクの輪
みんなでつなごう相互リンクの輪
他の相互リンクサイトとは違います。登録サイト同士で簡単に相互リンクが貼れます。相互リンクであなたのサイトもアクセスアップ!簡単・登録無料!
A8,net
クリックで救える命がある
クリックで救える命がある。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。